鍼は優しく弱刺激





「鍼を刺す」この字面を見ると

なんだか怖いな〜😨という印象を

持たれる人もいるでしょう…。


実は鍼の刺激量は鍼灸院によって



千差万別なんです。


当院の鍼はかなり弱刺激の部類で、

刺す深さは約3mm程度。


これでも十分効いちゃうんです😳




というのも、鍼を刺す目的として

「皮膚をゆるめる」

これを目的としています。


身体を包む皮膚及び

ファシア(身体を包む綿状の組織)

が緩まれば筋肉は勝手に緩まるため、

深く刺す必要があまりないと

考えております。


本数も少なく痛みも少ないため、

鍼灸初心者でも安心して受けていただけます👌♪


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「肩こり」という言葉は よく聞くと思いますが、 肩こり自体は「病気」ではありません。 身体のどこかが 「異常が発生しているよー!」 というサインを出している信号が 「肩こり」なんです。 肩こりに対して、 肩を揉み揉みマッサージしたり 首筋をストレッチをするのが 一般的になっていますが、 おそらく一瞬楽になっても しばらくすれば再び肩こりになっている… ということが多いと思います。 それはやっぱり、