鍼灸施術後の身体の変化について…

動画を作成しました!


鍼灸施術後の体調変化についてです。


たまに鍼灸を受けた後

・微熱が出た

・身体が怠い

・眠気が強くなった

などの反応がみられることがあります。


この反応が出た時、

「あれ、鍼灸合ってないのかな?」

と感じる方もおられるようです。





が、しかし!

これはいい反応なんです。


身体は基本的に治す方向に進むものです。

その治す過程で、炎症という反応が起きます。



しかし、いわゆる慢性症状というのは

なかなか治癒までのゴールに辿り着けない

炎症の渋滞が起きているのです。



高速道路で交通事故が発生した場合

道が通れないので渋滞になってしまいます。


身体も同じように、免疫機能に異常が

あたったり、慢性的な疲労やストレスが

蓄積されてしまうと治癒力の妨げに…。


そこでその妨げを取り除くのが鍼灸です。

炎症を抑えるのではなく、

炎症を早めて治癒まで辿り着かせる…。

この再び治癒力が動き出したときに、

人によっては微熱や怠さが出てくるのです。


施術が上手くいっているサインなんですね。


なのでこのような反応が出た場合は

「上手くいってますね~」とお伝えしています。


これは毎回出るのではなく、

一番初めが一番強くでることが多く、

それ以降はあまり反応が出ません。

(間隔が空きすぎると出ます)


なので安心してくださいね👌


鍼灸って患者様にとっては

分からないことがすごく多いと思います。


分からないで施術を受けるのと

自分に今何が起きているのか理解して

施術を受けるのでは全然違います。


そのため説明には十分時間を使いますが

分からないことがあれば遠慮せずに

何でも質問してくださいね🙆






閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「肩こり」という言葉は よく聞くと思いますが、 肩こり自体は「病気」ではありません。 身体のどこかが 「異常が発生しているよー!」 というサインを出している信号が 「肩こり」なんです。 肩こりに対して、 肩を揉み揉みマッサージしたり 首筋をストレッチをするのが 一般的になっていますが、 おそらく一瞬楽になっても しばらくすれば再び肩こりになっている… ということが多いと思います。 それはやっぱり、